日本学術会議 公開シンポジウムのお知らせ

「循環器病対策基本法(正式名:健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法)」が可決、成立致しました。今後、脳卒中や心臓病など循環器病の予防の推進、循環器病患者の健康寿命の延伸に向けた心臓リハビリテーションを含む、循環器病の医療体制の整備、教育・啓発活動、研究の推進などが期待されます。そこで、一般医療者向けに「心疾患の診療提供体制:循環器病対策基本法制定を受けて」と題しました公開シンポジウムを開催いたします。

■日本学術会議 公開シンポジウム■

「心疾患の診療提供体制:循環器病対策基本法制定を受けて
−かかりつけ医での診療・多職種介入・心臓リハビリテーションの定着に向けて−

日時:平成31年3月21日(祝)14:00-17:00
場所:日本学術会議講堂(東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口)

<<公開シンポジウムのお申し込み>>
対象:一般医療者
参加費:無料(先着300名)

日本学術会議公開シンポジウム「心疾患の診療提供体制」

1)お名前、2)ご所属、3)メールアドレス、4)職種を記載のうえ、上記リンクにある、お申込みフォームからお申し込み下さい。
お申し込みの受け付けが完了致しましたら、受付確認メールをお送りいたします。受付確認メールに受付番号が記載されておりますので、公開シンポジウム当時はこちらの受付番号をお知らせください。

皆様のお申し込みをお待ちしております。