循環器病におけるゲノム解析プロジェクト公募
のお知らせ

【趣旨】

  日本循環器学会では、第81回学術集会関連プロジェクトとして、期間中に発表された金沢宣言
「子供や若者を含めた社会全体への循環器病予防の啓発活動を通じて、生涯にわたる循環器病の
発症予防ならびに健康寿命の延伸へむけた活動を推進する」を発表いたしましたが、この宣言に
即したプロジェクトを計画し実施者を公募することにいたしました。
 金沢宣言では若者の循環器疾患の予防に焦点をあてている観点より、本プロジェクトでは
若年性の心血管死亡を引き起こしうる遺伝性疾患として、家族性高コレステロール血症、肥大型
心筋症および拡張型心筋症などの遺伝性疾病を全国より効率よく集積し、既存の遺伝子変異のス
クリーニングと解析を含めた遺伝子解析を実施し、診療現場に還元するとともに、将来的に広く
国民に遺伝子診断技術を享受していただくことを目的としております。


【実施内容】

1)遺伝子スクリーニングの対象となる遺伝性疾患1つに対して年間500万円を3年間助成する
 (但し、現時点でその遺伝学的検査が保険収載されている疾患は含めない)。
2)一人の研究者が複数の遺伝子疾患の応募を可とする。
3)遺伝子・ゲノム解析については実施施設で集中的解析をおこない、主治医宛てに遺伝子解析
  結果を返却する。


【対象・資格・義務】

1)日本循環器学会会員であること。
2)採択プロジェクトは日本循環器学会研究倫理審査委員会または各施設の倫理委員会により承認を得ること。
3)ヒトを対象とした研究、ゲノムを対象とした研究に関する諸注意は公的助成に準ずること。
4)1年に一回学術委員会に進捗を報告すること。
5)研究成果は第85回学術集会時に成果を発表すること。


【選考方法】

学術委員会内に選考委員会を設置して選考する。


【応募方法と提出書類】

以下について所定フォーマットで作成し、原本1部とPDFデータ形式(DiskまたはUSB)を本会事務局宛に送付すること。なお、応募書類は返却しない。
1)対象とする遺伝子疾患名を記載する。
2)研究計画(1000字)実施体制と遺伝子変異スクリーニングの実績、解析計画を端的に記載する。
3)得られる成果(500字)。
4)過去5年間の業績。
 ※研究分担者分は必須ではないが、記載できる場合、研究分担者分についても記載をお願いします。
5)同一テーマによる助成の有無。


【選考結果の通知】

2017年11月24日開催の学術委員会で選考、決定後、12月中旬までに文書で通知する。

【応募書類受付期間】

2017年10月10日(火)〜11月6日(月)17時必着厳守

【お問合せ先・送付先】

100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー18F
(一社)日本循環器学会事務局
循環器病におけるゲノム解析プロジェクト公募 
担当:西口
TEL:03-5501-0862
E-mail:meeting@j-circ.or.jp