Q&A

Questions And Answers

Q&A

当制度や、受験についてよくあるお問合わせをまとめております。

よくある質問

入会するタイミングはいつにすればいいでしょうか?
受験申請前であれば、どの次期の入会でも問題ありません。(受験する年度の4月1日以降の入会でも大丈夫です。)
ただし、受験申請までにeラーニングの受講が必須となっており、eラーニングの受講には入会が必要となりますのでご注意ください。
対象職種以外の受験について 推薦状はどのように提出すればいいのでしょうか?
指定の書式はございませんので、Wordなどで作成いただいたものに署名捺印し、 PDFにて chfej@j-circ.or.jp までメールでお送りいただけましたら委員にて審議させていただきます。推薦状の記載内容としては、下記の内容を明記してください。
■申請者について
・氏名
・日本循環器学会会員資格(正会員・準会員)および会員番号
・所属施設、所属部署、職位
・保有する国家資格および資格取得日
・その他の保有資格
・患者に対する直接的な心不全療養指導の実践内容(病棟や外来における対面指導など)およびその経験年数
・患者に対する間接的な心不全療養指導の実践内容(症例カンファレンスへの参加など)およびその経験年数

■推薦者について
・氏名
・所属施設、所属部署、職位
・循環器専門医の専門医番号
・申請者との職務上の関係
eラーニングの受講申請で銀行振込を希望したのですが、振込案内のメールが届きません。
振込案内のメールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう事例があるようです。
お手数ですが、再度迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します。
それでも振込案内のメールが届いていない場合は、help-chfej@jcs-elearning.orgまでご連絡をお願い致します。
eラーニングの受講修了証は、どうすればダウンロードできますか?
eラーニングの受講修了証は、eラーニングの視聴が完了し100%になりましたら、自動で登録されたメールアドレスに送信されます。
メールの送信に、2~3日かかる場合がありますが、それまで待ってもメールが届かない場合は、help-chfej@jcs-elearning.orgまでご連絡をお願い致します。
【症例報告書】同じ患者の症例を別のテーマで作成してもいいのでしょうか?
5例の症例報告書は、すべて異なる患者での作成をお願い致します。
従いまして、同じ患者で2テーマの症例報告書を作成することは、不可となります。
【症例報告書】症例は小児の心不全療養指導でもいいのでしょうか?
問題ありません。小児の事例は、「その他の自由なテーマ」として選択してください。
【症例報告書】左室駆出率のデータが分からないのですが、記載は必須なのでしょうか?
可能な限り、診療情報提供書などから情報収集をしていただきたいと考えておりますが、把握できる範囲の検査データの記載で問題ありません。エコー検査が不明な場合や、実施されていない症例においては、「不明」の欄があってもかまいません。
(ただし、1例は検査データのある症例を選択することが望ましいと考えております。)
【症例報告書】内服薬について、入院時に服用のものか、退院時の最終的な処方かどちらを記載したらよいでしょうか?
療養指導が実施された時点の内服薬と考えてください。いつの時期の療養指導を記載するかにより選択してください。
【症例報告書】所属長(部門長)の署名・確認印について
所属長(部門長)の署名・確認印は、
・心不全療養指導の記載ができているか
・レポートとしての形式がきちんと守られているか
・個人情報に配慮がされているか
などを確認していただくことを目的としております。
上記の確認や指導が行える方として、「所属している部門の責任者」もしくは、「所属している施設の責任者」からの押印を想定しており、一般的には、看護部長、循環器部長、病院長、副院長などが当てはまるかと思います。