お知らせ

日本循環器学会 集中・救急医療部会からのお知らせ

日本循環器学会会員の皆様へ


日本循環器学会からの救急業務に対する要望が報告書としてまとめられました。
この報告に基づき今後、日本循環器学会として救急隊員による処置・観察の教育活動と12
誘導心電図記録および伝送に関して普及を図る活動を行う予定です。
引き続き厚生労働省および総務省消防庁へ新たな病院前処置に関しても要望を伝え、話し
合いを行っていく予定です。
引き続き会員の皆様のご協力の程よろしくお願い致します。


総務省消防庁
「令和元年度 救急業務のあり方に関する検討会 報告書」の公表
https://www.fdma.go.jp/pressrelease/houdou/items/200327_kyuuki_1.pdf


令和元年度 救急業務のあり方に関する検討会 報告書 
第7章 救急隊における観察・処置
https://www.fdma.go.jp/singi_kento/kento/items/post-48/04/kyuuki_houkokusyo.pdf


日本循環器学会 集中・救急医療部会

 

 

一覧に戻る